クラウド型とは?

人気上昇中のクラウド型

一昔前まではシステムを利用するには、自社開発またはパッケージソフトを導入し管理する必要があるため、ITスキルがなければ敷居の高さを感じるものでした。しかし、現在ではあらゆる用途のシステムがクラウドサービスとして提供されています。このようなサービスを利用すれば、ITスキルがなくても要望通りのシステムを短期間で導入できます。そのため、クラウドサービスを活用するケースは増加しています。メール配信においても例外ではなく、数多くのクラウド型のサービスが提供されています。その多くは一定期間トライアル利用ができるので、事前にサービスを体感できます。初期費用も無料で運用開始できるものが多く、万が一、このサービスでは運用困難と判断してもサービス利用を終了すれば損失を最小限に抑えられます。

大量のメール配信における問題点

インフラ環境が整っている企業において、オンプレミス型と呼ばれる自社環境のみでメール配信することは、知識さえあれば難しくありません。しかし、大量のメール配信となると話しは変わってきます。メール送信アプリケーションを開発し、大量メール送信することは可能です。ただ、プロバイダーの制約がありますので、送りたいだけ送ることはできません。制約を考慮せずメール配信すると、迷惑メールと判断され通常利用できなくなるリスクも発生します。プロバイダーの制約を守ると、送信に時間がかかりすぎてしまうという新たな問題も発生します。クラウド型メール配信サービスの多くは、大量メール送信も考慮されていて、しかも高速配信できるのです。オンプレミス型で問題点としていたことが、一気に解決できます。