クラウド型のデメリット

サーバー障害に弱いのがデメリット

メール配信システムにはクラウド型とパッケージ型が用意されています。クラウド型は企業でも注目を集めている商材です。クラウド化することによりサーバーを自社に導入するときのイニシャルコストを削減することができます。そのため多くの企業で簡単に導入できるのがメリットです。基本的にネット上で管理を行うのでインターネット環境があるところならどこでも利用できるのが強みでしょう。一見すると便利そうなクラウド型ですが、デメリットもあるので注意しておくと良いです。基本的にクラウドメールサーバーはベンダーの提供している機材を使用して運営を行います。そのためサーバーに障害が発生したときには自社で対応することが難しいです。

セキュリティやカスタマイズ性がネック

クラウドメールサーバーはベンダーの提供しているサーバーを使います。そのためベンダーの用意したツールしか利用できません。こうしたいという要望があっても自由に調整ができないのがデメリットです。オンプレミス型なら自社でサーバーを導入するのでカスタマイズが自由です。セキュリティに関してはクラウドメールサーバーが行っています。アプリのバージョンアップなどサーバー提供社が行っているので要件にあったセキュリティカスタマイズをするのも厳しいです。クラウドメールサーバーは海外に設置されたものもあります。海外に設置されたものだと日本の法律が適用されません。そのため障害の種類によっては安全が担保されないので気をつける必要があります。